むくみについて知ろう

長いまつ毛

むくみの原因

むくみの原因は体内の水分の内、細胞に栄養を届けたり、細胞から老廃物を回収する役目を持っている間質液が多くなりすぎることにあります。
間質液は細胞間に染み出す液で、動脈にのって細胞間までやってきて、仕事を終えると静脈に戻っていきます。
本来であれば動脈から染み出す量と静脈に戻っていく量は同じはずなのですが、何らかの原因で間質液が静脈に戻れなくなると、間質液がその場でたまり、むくみになります。
間質液が静脈に戻れなくなる原因については様々なものが挙げられます。デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいる場合は、血液を送り出すポンプの役割をする筋肉が動かないので、水分がたまりやすくなります。
また水分のとり過ぎはもちろん、塩分をとり過ぎるのもむくみに繋がります。冷え性で血行が悪くなることによってむくみが生じることもあるので、体を温めることも重要です。

むくみやすい人とは

上で説明したように、むくみは静脈に間質液が戻り切れないことが原因なので、血液を送り出すポンプが強く働いているかどうかが非常に重要になります。
デスクワークで筋肉を動かす頻度が少ない方や、運動不足の方はむくみに注意が必要だといえるでしょう。
また、ハイヒールを履く方は常に足の筋肉が緊張している状態になるのでむくみやすくなるといえます。
他にも、むくみやすさには血管も大きく関係しています。
例えば、ストレスには血管を収縮させる効果があるので、ストレスを感じやすい方は静脈から水分を排出する働きが弱まり、むくみやすくなります。
また、飲酒をした後は血管が広がり、多くの水分が動脈から排出されるのですが、静脈がその水分を回収しきれないので、むくみが生じやすくなります。
これらの事柄に気を付ければむくみを防ぐことはできますが、場合によっては難しいこともあるでしょう。
そんな時にはラシックスに含まれるフロセミドの力を借りて、効果的にむくみ取りを行いましょう。